ワークショップ「学習障害のある学生への対応」を開催しました。

2015年9月9日(水)「学習障害のある学生への対応」と題してワークショップを開催しました。

はじめに湘南健康推進室の保健師より「学習障害とは」「履修登録支援のポイント」「授業における支援のポイント」「成績評価の配慮におけるポイント」「学生生活における支援のポイント」について基礎知識、対応方法を学びました。

また「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」が平成28年4月1日に施行されることにより、大学としてより細やかな対応が必要になるとの説明がなされました。

その後、各職場で学習障害に関わらず、さまざまな困難を抱えている学生に対し、教職員はどのように支援できるのか、具体的な悩み、ケースなどを挙げ、保健師や心理相談室の先生とともに考えました。

参加者からは「大変勉強になった」「期待以上の収穫があった」「次回は数人のグループで悩みをシェアしたい。」「悩んでいたケースについて相談する良い機会となった」などの声があがりました。

今回24人と沢山の方に参加頂き、テーマへの関心が高いこともわかりました。今後もワーク・ライフ・バランス推進室ではワークショップを継続していく予定です。

ワークショップ「学習障害」